ブランドコンセプト
ヴィンテージの持つ繊細さとバランスの良さを現代の技術で蘇らせ、より完成度の高いメガネを目指しており、古き良き時代と現代の融合がブランドコンセプトです。モダンヴィンテージから、スタイリッシュヴィンテージという表現に移行しています。

デザインコンセプト
決して主張しない、さりげない(奇をてらわない)デザイン。使い込むほどになじむスタイルを表現しています。主役はあくまで顔であり、メガネは顔を引き立てる小道具という考え方です。シンプル&インテリジェンス、シンプルでより知的に見えるデザインがポリシーです。
かつて業界にスモールシェイプというトレンドを作りました。

セレブリティ
ハリウッドを中心に、セレブから最も支持されたハウスブランドと言えます。かつてはレイバンがNo.1でしたが、今はオリバーピープルズがそのポジションにいます。多くのブランドがセレブ御用達ということを謳っていますが、オリバーピープルズが他を圧倒していると言われています。
ブラッド・ピットだけではなく、最近のトピックスとしては、トム・フォード(元グッチデザイナー)、マーク・ジェイコブス(ルイヴィトンデザイナー)の二人が挙げられます。

商品について
全ての商品を説明できませんが、考え方として各パーツ(リム、ヒンジ、モダン、レンズ、生地他)に最も適したメーカー(国内のみならずヨーロッパも含む)のものを採用し(オリジナルの別注もある)、国内で組み立てる工程になっています。デザインの主導権はLAにありますが、LAのデザインチームとオプテックジャパンのデザインチームとの合同作業により、多くの人の力を経て商品化されています。

オーナーデザイナー ラリー・レイト
創業者(3人)の内の一人で、今現在のチーフデザイナーです。プラダ・アイウェアのファーストコレクションのデザインをオリバーピープルズが手掛けた話は有名ですが、ラリーがそのチームの中心でした。メガネ業界では初となる全米ファッション協会の会員にもなっています。

コラボレーション
エルトン・ジョンモデルをはじめ、ポール・スミス スペクタクルズ、バックス・バニー、フォード社(サンダーバード)とのコラボレーションがありました。国内では、ポーター(吉田かばん)、バーニーズNYとのコラボを発表しています。

オンリーショップ
LA(本店)と南青山(国内唯一)、NYの2店舗(ソーホー、マジソン)と最近オープンしたオレンジカウンティのインショップと全世界で5店舗のオンリーショップがあります。